【スポンサーリンク】

パット・ライリー球団社長「タイラー・ヒーローは今も中心選手のひとり」

パット・ライリー球団社長「タイラー・ヒーローは今も中心選手のひとり」

NBAキャリア2年目を終えたマイアミ・ヒートのタイラー・ヒーローには、トレードの噂が浮上している。

昨季NBAファイナリストのヒートはレギュラーシーズン中から厳しい戦いを強いられると、NBAプレイオフには進出したもののファーストラウンドでバックスにスウィープされてしまった。

ヒートはこの結果を受け、オフシーズン中にNBAオールスタークラスの選手獲得を狙うと見られている。

その過程においてヒーローにトレードの噂が浮上しているわけだが、ヒートの球団社長であるパット・ライリーによると、ヒーローはヒートの今も変わらず中心選手のひとりだという。ライリーのコメントをThe Miami Heraldが伝えている。

彼は今もヒートの中心選手のひとりだ。

彼は選手として本当に良くなったと思う。

彼の1年目、もしくは最初の35~40試合を振り返ってみると、その時の彼はスクリーンを利用したキャッチ&シュートタイプの選手だった。

彼が完璧なオフェンシブプレイヤーになるためには、右手だけでなく左手のボールハンドリングも改善しなければならなかったが、彼はそれをやって見せた。

今はスペースを作り出し、どこからでもジャンパーを決めることができるようになったんだ。

ヒートは現時点でNBAドラフト指名権を十分に保有していないため、スター選手をトレードで獲得するためには主力選手の放出が不可欠となるだろう。

そのためヒーローにトレードの噂が浮上しているわけだが、ライリーのコメントを聞く限り、よほど好条件でなければヒーローをトレード要員とする可能性は低いと言えそうだ。

なお、ヒーローの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数544
平均出場時間30.323.3
平均得点15.19.3
平均リバウンド5.03.3
平均アシスト3.41.8
平均スティール0.60.3
平均ターンオーバー1.90.8
FG成功率43.9%31.6%
3P成功率36.0%31.6%
フリースロー成功率80.3%100%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA