【スポンサーリンク】

マリク・ビーズリーがスコッティ・ピッペンの元妻との浮気により離婚?

マリク・ビーズリーがスコッティ・ピッペンの元妻との浮気により離婚?

昨季中のトレードでデンバー・ナゲッツからミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したマリク・ビーズリーは、ウルブズの主力のひとりとしてさらなる成長が期待されている。

だが、このオフシーズンはスキャンダルで注目を集めることになってしまった。

ビーズリーは11月上旬、銃器と薬物を所持していたことで起訴。

その後ウルブズと4年6000万ドルの契約で合意したが、今度はNBAレジェンドの元妻とのスキャンダルが判明した模様。

TMZによると、ビーズリーは現地11月24日、スコッティ・ピッペンの元妻であるラルサとマイアミで腕組みデートしている姿が目撃されたという。

両者が独身であれば、何も問題ないだろう。

だが、ビーズリーは新婚9カ月であり、妻との間には子供もいる。

ビーズリーの24歳の誕生日である11月26日、ビーズリーの妻によると、夫がミネソタに帰ってくると思っていたものの帰って来ず、ひどく落ち込んだという。

一方、ピッペンは1997年にラルサと結婚。

2016年に離婚し、その後復縁したものの、2018年に再び離婚した。

現在46歳のラルサはラッパーとの熱愛や、当時クリーブランド・キャバリアーズに所属していたトリスタン・トンプソンとのデートが報じられたこともあることから、恋多き女性なのかもしれない。

なお、ビーズリーと彼の妻は離婚へ向けて話し合っていると報じられている。

ビーズリーのウルブズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

ウルブズ移籍後NBAキャリア
出場試合数14220
平均出場時間33.117.4
平均得点20.78.2
平均リバウンド5.12.0
平均アシスト1.91.0
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー1.50.7
FG成功率47.2%44.8%
3P成功率42.6%38.8%
フリースロー成功率75.0%80.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA