【スポンサーリンク】

レイカーズとクリッパーズがジェフ・ティーグ獲得を狙う?

昨季中のトレードでアトランタ・ホークスに復帰したベテランポイントガード、ジェフ・ティーグは、このオフシーズン中に完全FAになる。

ホークスはオールスターポイントガードのトレイ・ヤングを中心としたチームであり、ホークス復帰後のティーグは十分な出場時間を得ることができなかった。

だが、まだ31歳であり、ホークスで一時代を築いたティーグにはNBAタイトルコンテンダーでプレイできるチャンスが訪れるかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ロサンゼルス・レイカーズとロサンゼルス・クリッパーズがティーグの獲得を検討しているという。

レイカーズとクリッパーズはガードプレイヤーを探しており、クリス・ポールやジュルー・ホリデーといった実績あるガードプレイヤー獲得を狙うと噂されている。

ティーグ獲得についてはセカンドもしくはサードプランとして検討していると予想されるが、ティーグは堅実なプレイメイカーとして重宝されるだろう。

なお、ホークスはサイン&トレードでティーグを放出する可能性があると報じられている。

ティーグの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

2019-20NBAキャリア
出場試合数59771
平均出場時間24.827.5
平均得点10.912.6
平均リバウンド2.42.5
平均アシスト5.25.8
平均スティール0.71.2
平均ターンオーバー2.02.3
FG成功率43.6%44.5%
3P成功率36.8%35.6%
フリースロー成功率87.3%84.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA