【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチがジミー・バトラーの悪評について「なぜなのか分からない」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーはリーダーとしてチームを牽引し、NBAファイナル進出に貢献した。

激しい労働観を持つバトラーはチームメイトたちにも妥協なき努力を要求するあまり、決して良い評価を得ることができずにいたが、ヒートに移籍した昨季で評価は一変。

チームメイトたちはバトラーの姿勢とリーダーシップを称賛し、チーム一丸となって戦い続けた。

そんな中、バトラーと友情を築いたベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチが、バトラーの悪評について言及した模様。

バトラーの悪評について質問されたドラギッチは、次のように返答。clutchpoints.comが伝えている。

なぜなのか僕には分からない。

彼はとんでもないプレイヤーであり、素晴らしいチームメイトだ。

マイアミの文化なのかもしれないね。

コーチ・スポ(エリック・スポエストラHC)とコーチ陣は、会話を望んでいる。

話をしたいと思っている。

うまくいかないこともあるし、うまくいくこともあるだろう。

だが、チームとして前に進むためには良いことなんだ。

ジミーはチームメイトが仕事をしていない時、目を見て教えてくれる。

このチームにいる全員が理解していることだ。

彼が前にいたチームの選手たちは、少し繊細だったのかもしれない。

彼らはジミーとの間に問題を抱えていたからね。

僕たちのチームに彼との間に問題を抱えている人間はひとりもいない。

コート上の彼は偉大なリーダーであり、競争心のある男さ。

彼がいたからこそ、僕たちはファイナルに進出したんだ。

ドラギッチとバトラーはサッカーの大ファンであり、共通の趣味であるサッカーを通して友情を育んだという。

ドラギッチはNBAファイナル第1戦で負傷し、その後のシリーズを欠場。

オールスターセンターのバム・アデバヨも怪我でNBAファイナル数試合を欠場するなど、厳しい戦いを余儀なくされたヒート。

それでも強豪ロサンゼルス・レイカーズから2勝を挙げることができたのは、リーダーのバトラーを中心にチーム一丸となれたからだろう。

来季もバトラーを中心とし、さらなる躍進を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA