【スポンサーリンク】

ルー・ウィリアムス ケミストリー批判に「笑って聞いている」

昨年夏にスーパースターのカワイ・レナードとポール・ジョージの獲得に成功したロサンゼルス・クリッパーズは、今季のタイトル獲得最有力候補の1チームだ。

だが、安定して勝つことができず、ケミストリーに問題があるとの指摘も聞こえてくる。

そんな中、3度のシックスマン・オブ・ザ・イヤー受賞を誇るルー・ウィリアムスが、ケミストリー問題の指摘に応酬した模様。

「中断期間中にチームメイトたちと連絡を取り続けているの?」と質問されたウィリアムスは、次のように返答。clutchpoints.comが伝えている。

「おもしろい質問だね。なぜなら俺たちはチームだから。毎日常にコミュニケーションをとっている。こんな状況でもね。そうやってこのチームが築かれているのさ」


「人々はケミストリーを批判しているよね。俺たちはそれを楽しんでいるよ。人々が俺たちを間違って見てることを楽しんでいるんだ」

ウィリアムスによると、クリッパーズのケミストリーに対する批判は過剰反応だという。

クリッパーズにはそれほど大きな期待がかかっているということだろう。

タレントを豊富に擁するクリッパーズがこれらの批判を覆すには、タイトルを獲得するしかない。

レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・クリッパーズや、昨季MVPのヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックスなど乗り越えなければならない壁があるが、チーム一丸となって戦い、批判が間違っていることを証明してもらいたい。

なお、今季のウィリアムスは60試合に出場し、平均29.3分のプレイで18.7得点、3.1リバウンド(キャリアハイ)、5.7アシスト(キャリアハイ)、FG成功率41.6%、3P成功率36.3%を記録。

キャリアを通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、アトランタ・ホークス、トロント・ラプターズ、レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、クリッパーズでレギュラーシーズン通算996試合に出場し、平均24.9分のプレイで14.5得点、2.3リバウンド、3.5アシスト、FG成功率42.0%、3P成功率35.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA