【スポンサーリンク】

サム・プレスティGM クリス・ポールのトレードは「ケース・バイ・ケース」

サム・プレスティGM クリス・ポールのトレードは「ケース・バイ・ケース」

この夏のトレードでヒューストン・ロケッツからオクラホマシティ・サンダーへ移籍したクリス・ポールには、さらなるトレードの噂が出ている。

少なくとも2019-20シーズンの開幕はサンダーの一員として迎えるであろうが、シーズン中のトレードの可能性も否定できない。

そんな中、サンダーのゼネラルマネージャーであるサム・プレスティがポールのトレードの噂について言及したようだ。

プレスティGMはポールのトレードの噂について次のようにコメント。oklahoman.comが伝えている。

「それらはすべてケース・バイ・ケースだ。我々は仮定のことに気をそらしたりしない」

「彼に関して言えるのは、彼はフーパーでありコンペティターであり、バスケットボールをプレイしたがってるということ。これは彼と我々双方にとって相当大きなチャンスになると思うよ」

ポールにはマイアミ・ヒートが興味を持っていると噂されている。

だが、ヒートはトレードを急いでおらず、現在のロスターでどこまで戦えるのか確認したいとしているため、トレードが実現するならシーズン途中だろう。

一方、サンダーはポールにメンターとしての役割も求めているが、ヒートから大きなオファーがあればトレードを検討することになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA