【スポンサーリンク】

ラバー・ボール「息子たちが成功するまでGOATはマイケル・ジョーダン」

ラメロ・ボールが今年のNBAドラフトでシャーロット・ホーネッツに入団したことを受け、父ラバー・ボールの発言にも注目が集まっている。

先日はホーネッツのオーナーであり、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンとの1on1対決を示唆するなど、ファンを楽しませているラバー・ボール。

かつて「1on1でマイクは私に勝てない」などと豪語したラバー・ボールだが、バスケットボール界のレジェンドは彼ではなく、ジョーダンであることを認めたようだ。

ラバー・ボールはNBA史上最も偉大なプレイヤー”GOAT”議論について、次のように言及。clutchpoints.comが伝えている。

GOATはどうやって選べばいいんだい?

君たちは勝った数と、その中でどのようなことをしたのかということで判断している。

私に言わせれば、リングを12個獲得したり、異なる5チームで優勝したことは判断基準にはならない。

チームの中心として6回連続でNBAファイナルに進出した男について、私は話をしている。

(NBAファイナルで)敗北の記録があるなら、GOATと呼ぶことはできない。

あの男(ジョーダン)はファイナルで負けていない。

だから私の息子たちが成功するまで、(GOATは)マイケル・ジョーダンだ。

長男ロンゾ・ボールはロサンゼルス・レイカーズで結果を残すことができなかったものの、ブランドン・イングラムとザイオン・ウィリアムソンという若く、将来有望なチームメイトたちと共にニューオーリンズ・ペリカンズで一時代を築くチャンスを得ている。

一方、三男ラメロ・ボールが所属するシャーロット・ホーネッツはNBAプレイオフ進出を逃し続けているのものの、スーパースターへの成長を期待されているラメロ・ボールが状況を変えてくれるだろう。

とはいえ、ジョーダンやレブロン・ジェイムスのような偉業を達成するのは簡単ではない。

もし彼らがいつの日かGOAT議論に加わるようになれば、ラバー・ボールはますます幅を利かせることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA