【スポンサーリンク】

ジャマール・マレー「夢は世界最高のプレイヤー」

デンバー・ナゲッツのジャマール・マレーは、NBAキャリア4年目となった2019-20シーズンを飛躍の年とした。

特にプレイオフでのパフォーマンスは圧巻で、レギュラーシーズンの平均得点を8点上回る26.5得点を記録。

ナゲッツを2008-09シーズン以来となるカンファレンスファイナル進出に導き、NBAを代表するポイントガードとして覚醒した。

そのマレーが自身の夢を語った模様。

マレーによると、夢は世界最高のプレイヤーになることだという。マレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕がここまで来るのは分かっていた。

だが、今の目標は最も偉大なプレイヤーになること。

世界最高のプレイヤーになりたいんだ。

それが僕の夢であり、目標さ。

達成したい。

才能があることは分かっていたが、実際にここ(カンファレンスファイナル)に来てチャンスを得られたことは大きな力になった。

僕にモチベーションを与えてくれるんだ。

近年のNBAには優秀なガードプレイヤーが多い。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーやブルックリン・ネッツのカイリー・アービング、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラード、ボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーなど、ガードポジションは競争が激しく、マレーはこれらのガードプレイヤーと比較されることになるだろう。

世界最高のプレイヤーになるには、彼らを越えなければならない。

来季はそれができるスーパースターであることを証明し、ナゲッツをさらなる高みへ牽引してもらいたいところだ。

なお、マレーのNBA2019-20シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数5919
平均出場時間32.339.6
平均得点18.526.5
平均リバウンド4.04.8
平均アシスト4.86.6
平均スティール1.10.9
平均ターンオーバー2.22.8
FG成功率45.6%50.5%
3P成功率34.6%45.3%
フリースロー成功率88.1%89.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA