【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポのフリースローがウサイン・ボルトと比較される

ヤニス・アンテトクンポのフリースローがウサイン・ボルトと比較される

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、フリースローにたっぷり時間をかけることでも知られている。

アンテトクンポがフリースローにかける時間はレギュラーシーズン中から話題となり、ブルックリン・ネッツとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルでは10秒バイオレーションを2度コールされた。

そんな中、Blue Wire Podcastsが投稿したアンテトクンポのフリースローとウサイン・ボルトの100mレースの比較動画が話題になっている。

当然ながら「人類最速のスプリンター」と称され、100m走の世界記録9.58秒を誇るボルトの圧勝だ。

アンテトクンポはフリースローの際、レフェリーからボールを受け取ると5秒程度集中し、その後6回ドリブル。

腰を落としてしばらく制止してからボールを放つのをルーティンとしている。

アンテトクンポはカンファレンスセミファイナル第1戦で10秒バイオレーションをコールされた後、「ルーティンを変えるつもりはない」と宣言したが、オフシーズン中に修正に取り組むことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA