【スポンサーリンク】

トレイ・ヤング「ジョン・コリンズとの間には何の問題もない」

トレイ・ヤング「ジョン・コリンズとの間には何の問題もない」

アトランタ・ホークスのジョン・コリンズは先日、ヤングがボールを持ちすぎることとターンオーバーが多いことを指摘したと報じられた。

それに対し、ヤングは反撃したというが、その後ヤングとコリンズは「コート上で目を合わせようとしない」と報じられ、ますますの不仲が噂された。

この件についてヤングが言及した模様。

ヤングによると、コリンズとの間には何の問題もなく、争うようなこともなかったという。ヤングのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

公の場で何かがあれば、僕はいつだってその人のところに直接行く。

ジョンとの件が報道された時、僕と彼はすぐに話し合った。

僕たちは困惑していた。

いつも通りのフィルムセッションだったし、争いとかそういったことは何もなかったからね。

ロッカールームには何の問題もない。

人々はロッカールームの問題について話をしているが、そういったことは何もなかった。

すべてチームのことだし、フィルムセッションではもっと良くなるために努力しているんだ。

ヤングとコリンズの口論が報じられた時、ホークスは4連敗と不振に陥っていた。

だが、ここ6試合は4勝2敗と調子を取り戻しつつある。

勝てない状況が続くと感情的になってしまいがちだが、ヤングとコリンズが熱くなるのはチームを思ってのことだろう。

ホークスは現在9勝9敗でイースタン・カンファレンス7位。

この調子でNBAプレイオフ進出目指して突き進みたいところだ。

なお、今季のヤングとコリンズのスタッツは以下の通りとなっている。

T・ヤングJ・コリンズ
出場試合数1718
平均出場時間34.130.9
平均得点26.216.7
平均リバウンド4.27.7
平均アシスト8.81.8
平均スティール0.70.5
平均ブロックショット0.21.2
平均ターンオーバー4.21.3
FG成功率41.2%
(キャリアワースト)
53.6%
(キャリアワースト)
3P成功率35.2%41.4%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率88.0%
(キャリアハイ)
81.6%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA