【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「最もディフェンスが難しいのはケビン・デュラント」

ブラッドリー・ビール「最もディフェンスが難しいのはケビン・デュラント」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターポイントガード、デイミアン・リラードは先日、最も止めるのが難しいNBA選手としてブルックリン・ネッツのケビン・デュラントを挙げた。

ここ数年のデュラントは怪我に苦しめられているものの、復帰後はまったく衰えを感じさせず、NBAキャリアベストとなるFG成功率53.8%、3P成功率46.7%を記録している。

マッチアップするディフェンダーにとってはまさに悪夢のような存在だが、NBA2位の平均31.1得点を記録しているブラッドリー・ビールも、デュラントの圧倒的なスコアリング能力を認めている模様。

ビールによると、今のNBAで最もディフェンスするのが難しいのはデュラントだという。ビールのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

(最もディフェンスするのが難しいのは)僕だと言いたい。

だが、ケビン・デュラントだ。

ケビン・デュラントをガードするのはすごく難しい。

なぜなら、彼は7フィートあるし、イメージできることはどんなことだってやれてしまうからね。

今季のNBAスコアリングリーダーであるステフィン・カリーや、NBA最高峰のプレイメイク能力を誇るレブロン・ジェイムスではなく、デュラントを挙げたビール。

今季のネッツはNBAタイトル獲得最有力候補に挙がっている。

もしネッツがNBAチャンピオンに輝くことができれば、デュラントの名声はますます高まることになるだろう。

なお、デュラントの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数30879
平均出場時間33.236.7
平均得点28.027.1
平均リバウンド6.97.1
平均アシスト5.14.1
平均スティール0.71.1
平均ブロックショット1.21.1
平均ターンオーバー3.53.1
FG成功率53.8%
(キャリアハイ)
49.4%
3P成功率46.7%
(キャリアハイ)
38.4%
フリースロー成功率87.9%88.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA