【スポンサーリンク】

ニコラ・ヨキッチ「MVPに選出されたいという理由でNBAに来たわけではない」

ニコラ・ヨキッチ「MVPに選出されたいという理由でNBAに来たわけではない」

NBA2020-21シーズンのMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチとフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードの一騎打ちになると見られている。

エンビードは「僕はMVPにふさわしい」とし、自信を見せているが、現時点ではヨキッチが選出される可能性が高い。

だが、エンビードとは異なり、ヨキッチはMVPに関心を持っていないようだ。

ヨキッチはMVP選出の可能性について質問されると、以下のように返答したという。fadeawayworld.netが伝えている。

(MVPのことは)一度も考えたことがない。

正直に話すが、一度も考えたことがない。

僕はMVPに選出されたいという理由でここに来たわけではない。

君たちも知っての通り、僕は他の誰かのほうが僕より優れていると常に思っている。

その誰かを倒すために戦いたい。

常に負け犬の精神で戦いたいんだ。

ナゲッツは先発ポイントガードのジャマール・マリーが不在にもかかわらず、ここ13試合で10勝を記録している。

当然ヨキッチに働きが大きく、NBAプレイオフではさらなる貢献が期待されるだろう。

だが、もしヨキッチがMVPに選出された場合、ヨキッチは何をモチベーションにしてプレイするのか気になるところだ。

なお、今季のエンビードとヨキッチのスタッツは以下の通りとなっている。

J・エンビードN・ヨキッチ
出場試合数4867
平均出場時間31.535.0
平均得点29.2
(キャリアハイ)
26.4
(キャリアハイ)
平均リバウンド10.810.9
(キャリアハイ)
平均アシスト2.98.5
(キャリアハイ)
平均スティール1.0
(キャリアハイ)
1.4
(キャリアハイタイ)
平均ブロックショット1.40.7
平均ターンオーバー3.13.1
FG成功率51.2%
(キャリアハイ)
56.8%
3P成功率37.3%
(キャリアハイ)
41.1%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率85.8%
(キャリアハイ)
85.9%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA