【スポンサーリンク】

ダンカン・ロビンソン「最も止めるのは難しいNBA選手はジェイムス・ハーデン」

ダンカン・ロビンソン「最も止めるのは難しいNBA選手はジェイムス・ハーデン」

ブルックリン・ネッツのダンカン・ロビンソンジェイムス・ハーデンは、NBA屈指のプレイメイカーだ。

ヒューストン・ロケッツ時代は主にスコアラーとして活躍したものの、トレードでブルックリン・ネッツに移籍して以降はポイントガードとしてチームをまとめ、アシストを量産している。

マイアミ・ヒートのダンカン・ロビンソンによると、ハーデンはスコアリングすべき時とそうではない時を正しく判断できるため、ハーデンを止めるのは至難の業だという。

ロビンソンはハーデンについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

最も止めるのが難しいのは、いろんな理由からジェイムス・ハーデンだと思う。

理由のひとつは、彼のプレイだ。

彼は1回のポゼッションで10回、12回、15回ドリブルすることがある。

もし彼が気に入ったマッチアップなら、彼は相手を誘い出し、時間をかけてプレイするだろう。

それに、今の彼の周りには火力がある。

プレッシャーをかけることができない。

なぜなら、カイリー(・アービング)や(ケビン・)デュラントがいるからね。

ハーデンはアービングやデュラントのスコアリングを優先し、プレイメイクに徹している。

だが、アービングとデュラントが不在の時はスコアラーに変貌し、ネッツを牽引。

ファウルを引き出すスキルも優れており、ディフェンダーにとっては悪夢のような存在と言えるだろう。

アービングとデュラント、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・オルドリッジといった強力なチームメイトを得たハーデンは、もはや無敵の存在と言っても過言ではないのかもしれない。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数42875
平均出場時間37.134.5
平均得点25.225.2
平均リバウンド8.05.5
平均アシスト10.96.5
平均スティール1.21.6
平均ターンオーバー4.13.7
FG成功率46.3%44.4%
3P成功率35.8%36.3%
フリースロー成功率87.0%85.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    最初の文から間違ってますよ!

*

CAPTCHA