【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが試合終了間際のロゴショットについて「間抜け」

ドレイモンド・グリーンが試合終了間際のロゴショットについて「間抜け」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地8日にサンアントニオ・スパーズと対戦し、5点差で敗れた。

ウォリアーズには試合終了間際に同点に追いつくチャンスがあったものの、8秒以上残っていたにもかかわらず、インバウンドパスを受け取ったドレイモンド・グリーンがロゴ付近から3Pショットを放ってしまった。

本来であればグリーンが起点となってエースのステフィン・カリーにボールを回し、3Pショットを狙わせたいところだが、まさかのグリーンがシュート。

試合後にこのプレイについて質問されたグリーンは、こうコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

史上最もスマートで間抜けなプレイだったと思う。

間抜けな結果となった非常にスマートなプレイだ。

「スマート」ということは、おそらくファウルをコールさせてフリースロー3本を獲得することを狙っていたのだろう。

だが、グリーンの目論見は見透かされ、ディフェンダーにかわされてしまった。

NBA屈指のバスケットボールIQを誇るグリーンだが、この試合は彼にとって大きな学びとなったことだろう。

なお、グリーンが3Pショットもしくはフリースローを3本決めていれば、10得点、10リバウンド、10アシストとトリプルダブルを達成していた。

グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数20596
平均出場時間28.228.1
平均得点5.08.8
平均リバウンド5.46.8
平均アシスト7.75.0
平均スティール1.51.4
平均ブロックショット0.51.0
平均ターンオーバー2.82.1
FG成功率33.3%43.3%
3P成功率19.5%
(キャリアワースト)
31.6%
フリースロー成功率70.4%70.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA