【スポンサーリンク】

ケビン・セラフィンが現役引退を発表

元NBAプレイヤーのケビン・セラフィンが、プロバスケットボールプレイヤーとしてのキャリアに終止符を打つ決断を下した模様。

スペインのチームに所属したセラフィンは、昨季を膝の怪我で全休していた。

hoopsrumors.comによると、セラフィンは先日のインタビューの中で現役を引退することを発表したという。

フランス出身のセラフィンは2010年のNBAドラフト17位でシカゴ・ブルズに指名されると、その後のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍。

ウィザーズではバックアップビッグマンとしてプレイしたものの、キャリア3年目に出場時間が激減。

NBAキャリア最初の5年をウィザーズで過ごした後にニューヨーク・ニックスに移籍し、再起を狙ったが、十分な出場機会を得ることができなかった。

その後、インディアナ・ペイサーズの一員としてプレイした2016-17シーズンを最後にNBAを離れ、スペインのFCバルセロナに移籍した。

なお、セラフィンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームワシントン・ウィザーズ
ニューヨーク・ニックス
インディアナ・ペイサーズ
出場試合数423
平均出場時間15.2
平均得点5.9
平均リバウンド3.5
平均アシスト0.6
平均スティール0.2
平均ブロックショット0.7
平均ターンオーバー1.1
FG成功率48.9%
フリースロー成功率71.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA