【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「僕のディフェンスは改善している」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBAを代表する3Pシューターのひとりだ。

圧倒的なハンドリングとシュートで得点を量産し、ウォリアーズを3度のNBAチャンピオンに導いたカリー。

だが、屈強な大男たちがひしめくNBAにおいて、フィジカルは強いほうではない。

そのため、ディフェンスではターゲットにされることもしばしばあるが、カリーによると、ディフェンスは確実に改善しているという。カリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕は僕の仕事をする。

コートで何をやらなければならないのか、正確に把握している。

そういったチャレンジを引き受け、マッチアップを引き受けるのは、僕の仕事。

ただ戦い、努力するだけさ。

僕のディフェンスは改善している。

そう見られているかどうかは分からないが、それについては気にしていない。

僕は僕の仕事をするだけさ。

ウェスタン・カンファレンスにはフェニックス・サンズのクリス・ポールやポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラード、ヒューストン・ロケッツのジョン・ウォール、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、ミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセル、ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボール、デンバー・ナゲッツのジャマール・マリーなど、優秀なガードプレイヤーが多い。

32歳のカリーは成長著しい若手ガードたちとのタフなマッチアップを強いられるが、長い時間をリハビリとトレーニングに費やしたカリーは改善したディフェンスを見せてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA