【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「テリー・ストッツHCを解雇させないことをモチベーションにはしない」

CJ・マッコラム「テリー・ストッツHCを解雇させないことをモチベーションにはしない」

デイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは、ウェスタン・カンファレンス6位でNBAプレイオフに進出した。

昨季のレギュラーシーズン勝率47.3%を上回る58.3%を記録し、8年連続となるNBAプレイオフ進出を果たしたブレイザーズ。

だが、もしNBAプレイオフを勝ち進むことができなければ、ブレイザーズは指揮官のテリー・ストッツを解雇すると噂されている。

そんな中、リラードと共にブレイザーズを牽引するCJ・マッコラムがストッツHCの解雇説に言及した模様。

マッコラムによると、選手たちはストッツHCを解雇させないためにプレイするのではなく、ただNBA選手としての仕事に集中するという。マッコラムのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

それは僕たちにコントロールできることではない。

テリーのことは好きだよ。

テリーは僕にとって、僕のキャリアにとって、僕の成長にとって素晴らしい存在だし、彼は僕にチャンスを与えてくれた。

彼が僕のためにやってくれたことに永遠に感謝するだろう。

だが、選手としての仕事はプレイすること。

彼のコーチとしての仕事はコーチすることだ。

何が起こるかを気にすることはできない。

そういうことは毎年あるからね。

僕もトレードされる可能性が毎年ある。

コーチも仕事を失う可能性が毎年ある。

それだけで十分なプレッシャーがあるんだ。

テリーを解雇させないためというモチベーションは必要ない。

僕はどんな状況でもバスケットボールをプレイし、自分の仕事をするだけだ。

テリーはそういうメンタリティを持っていると思うよ。

どんなことが起こっても、テリーなら大丈夫だ。

彼ならすぐにヘッドコーチの仕事を手にするだろう。

マッコラムによると、ブレイザーズの選手たちはストッツHCを信頼しており、支持しているという。

ブレイザーズの過去7年間の最高成績は、2018-19シーズンのカンファレンスファイナル進出。

当時はゴールデンステイト・ウォリアーズにスウィープで敗れ、NBAファイナル進出を果たすことができなかった。

ブレイザーズのフロントオフィスは、少なくとも当時以上の結果を求めるだろう。

果たしてストッツHC率いるブレイザーズはNBAプレイオフで結果を残すことができるだろうか?

なお、ブレイザーズは今年のオフシーズン中にスーパースタークラスの選手獲得を狙うと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA