【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディHC「ザイオン・ウィリアムソンはボールストッパーではない」

ニューオーリンズ・ペリカンズは先日、名将スタン・バン・ガンディを新ヘッドコーチに招聘した。

ペリカンズには昨年のNBAドラフト1位選手のザイオン・ウィリアムソンや、NBAキャリア初となるオールスターに選出され、MIPも受賞したブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、ジョシュ・ハートといった有望な若手が多く揃っており、きっかけがあれば大きくステップアップする可能性を秘めている。

ペリカンズと4年契約を結んだバン・ガンディHCも、若いチームに可能性を感じているようだ。

バン・ガンディHCはペリカンズとウィリアムソンについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

25歳以下の選手が9人もいる。

若いタレントがすごく多い。

今でも非常に生産的なベテランも多く、人格者もいる。

ジュルー・ホリデー、JJ・レディック、デリック・フェイバーズ、イートワン・ムーア。

良いバランスのチームだが、成長のチャンスがある若手が多い。

エキサイティングなチームだ。

長い道のりになるだろう。

彼らはウェスト13位で終えたからね。

彼(ウィリアムソン)はユニークだ。

レブロン(・ジェイムス)はメインのボールハンドラーであり、ポイントガードであり、ポイントフォワードだが、何と呼んでも良いだろう。

(チャールズ・)バークレーはよりザイオンに近いかもしれないね。

皆が気づいているのは、彼には大きな身体があり、素晴らしいジャンプ力があるということだ。

だが、彼にはオフェンスの素晴らしいファーストステップがあり、非常にアンセルフィッシュでもある。

判断が早く、ボールを素早く放すから、他の選手たちは彼とのプレイを楽しめるんだ。

彼はボールストッパーではない。

バン・ガンディHCに達成しなければならない大きなミッションのひとつは、ウィリアムソンをNBAを代表するスーパースターに成長させることだ。

ウィリアムソンがスーパースターに成長すればペリカンズに大きな利益をもたらし、プレイオフを勝ち進めるチームになるだろう。

バン・ガンディHCが今後数年間でペリカンズをどう引き上げるのか楽しみにしたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA