【スポンサーリンク】

レジー・ジャクソン「僕を助けてくれてありがとう」

レジー・ジャクソン「僕を助けてくれてありがとう」

ロサンゼルス・クリッパーズのベテランポイントガード、レジー・ジャクソンは、NBAプレイオフで素晴らしいパフォーマンスを見せた。

カワイ・レナードが負傷離脱したことを受け、ポール・ジョージに次ぐオプションとして活躍し、クリッパーズのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル進出に貢献したジャクソン。

レギュラーシーズン中は出場時間が安定していなかっただけに、ジャクソンによると、今季はチームメイトたちに助けられながら戦うことができたスペシャルなシーズンになったという。

ジャクソンは今季を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

今季は僕にとってベストイヤーであり、最もチャレンジングなシーズンであり、最も楽しいシーズンだった。

プレイできるか分からなかった。

浮き沈みがあった。

選手たちは怪我を負った。

それでもこのロッカールームにいることができた。

僕が仲間たちにまず伝えたのは、「僕を助けてくれてありがとう」だ。

ロッカールームにいる全員に感謝している。

このチームがなければ、僕は今日ここにいなかった。

このチームがなければ、僕は今日プレイしていなかった。

彼らに感謝する。

今季は永遠にスペシャルなイヤーになるだろう。

ジャクソンはこの夏に完全FAになる。

NBAプレイオフで確かな実績を残したジャクソンは、その働きに見合ったサラリーを得られる見込みだ。

だが、クリッパーズはカワイ・レナードとの再契約を控えており、サラリーキャップの問題に直面すると見られている。

いずれにせよ、ジャクソンにとって今季がNBAキャリアを復活させたシーズンとなったのは間違いないだろう。

なお、ジャクソンの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数6719
平均出場時間23.032.7
平均得点10.717.8
平均リバウンド2.93.2
平均アシスト3.13.4
平均スティール0.60.9
平均ターンオーバー1.11.5
FG成功率45.0%48.4%
3P成功率43.3%
(キャリアハイ)
40.8%
フリースロー成功率81.7%
(キャリアワースト)
87.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA