【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスがNBA2019-20シーズンを振り返り「クレイジーだった」

昨年夏のトレードでロサンゼルス・レイカーズに加わり、レブロン・ジェイムスとタッグを組んだアンソニー・デイビスは、チームの10年ぶりとなるNBAタイトル獲得に大きく貢献した。

NBA2019-20シーズンはさまざまなことが起き、例年とはまったく異なる形でシーズンを終えることになったが、デイビスによると、NBAチャンピオンという結果で終えたことにより「終わりよければ全てよし」という気持ちになったという。

デイビスはNBA2019-20シーズンを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

すべてが丸く収まった。

クレイジーだったよ。

去年の10月9日、僕たちはプレシーズンゲームのために中国に遠征していたからね。

この瞬間にたどり着くために丸一年かけてやってきたんだ。

すごくスペシャルなことさ。

2019-20シーズンのNBAタイトルはコービー・ブライアントを捧げるものとなった。

デイビスはチームUSAでブライアントと共に過ごした経験を持つが、ブライアントとのエピソードを再び語った模様。

あるゲームで僕と彼がベンチに座っている写真がある。

彼は僕のシャツを見ていた。

なぜなら、僕はジャージーを着るのを忘れていたからね。

彼にはジャージーを忘れるなと言われたよ。

彼に「どうやって偉大なプレイヤーになりたいんだ?ジャージーを着ないで人々に示すことができるのか?」と言われたんだ。

この組織にとって、チームにとって、彼は多くの意味を持つ。

彼は皆、そしてロサンゼルスの都市全体に大きな影響を与えてくれたのさ。

デイビスは来季のオプションを破棄し、FAになる予定。

その後レイカーズと再契約を結び、来季もジェイムスと共にチームを牽引すると報じられている。

来季のスケジュールはまだ決まっていないが、連覇を目指して突き進んでもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA