【スポンサーリンク】

ウルブズがホークスのNBAドラフト6位指名権のトレード獲得を狙う?

カール・アンソニー・タウンズとディアンジェロ・ラッセル擁するミネソタ・ティンバーウルブズは、今年のNBAドラフト1位指名権を保有している。

NBAドラフト1位指名権を行使して若手有望株を獲得するか、それともトレードで放出して即戦力を獲得するかは未定だが、今はNBAドラフト17位指名権のトレードを話し合っているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウルブズはNBAドラフト17位指名権とジャレット・カルバーをパッケージとし、アトランタ・ホークスが所有するNBAドラフト6位指名権を獲得するプランを検討しているという。

ウルブズはホークスとのトレードでNBAドラフト6位指名権を獲得し、フォワードのパトリック・ウィリアムズもしくはポイントガードのタイリース・ハリバートンを指名すると噂されている。

ただし、ホークスのNBAドラフト6位指名権にはニューオーリンズ・ペリカンズとボストン・セルティックスも興味を持っていると噂されているため、ウルブズは難しい交渉を強いられることになりそうだ。

なお、ホークスはNBAドラフト6位指名権とのトレードでベテランガードのジュルー・ホリデー獲得を狙うと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA