【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「互いを信頼しながらやりきった」

ヤニス・アンテトクンポ「互いを信頼しながらやりきった」

ミルウォーキー・バックスとブルックリン・ネッツのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第7戦は、NBAの歴史に残るような大激戦となった。

多くのNBAファンはネッツの勝利を予想しただろうが、バックスは全員がそれぞれの役割をまっとうし、オーバータイムの末にネッツに勝利。

40得点、13リバウンドを記録したヤニス・アンテトクンポによると、チームの全員が互いを信頼し、まとまってプレイできたことが最大の勝因だったという。

アンテトクンポはネッツとのシリーズ第7戦を振り返り、次のようにコメント。The New York Postが伝えている。

素晴らしい気分だ。

今は興奮しすぎたり、落ち込みすぎたりしないように心がけている。

少し感情的になってしまったからね。

僕たちのチームは本当にベストを尽くしたと思う。

第7戦は全員が不安と緊張を抱えながらも、互いを信頼してやりきることができた。

ビッグタイムだった。

このチームにいられて本当に嬉しいよ。

半分が終わった。

皆にはこの瞬間を大切にしてもらいたい。

もしカンファレンスセミファイナルで敗退したら、バックスはヘッドコーチのマイク・ブデンホルツァーHCを解雇すると報じられていた。

だが、ネッツを下したことにより、ブデンホルツァーHC解雇の話は立ち消えになったという。

NBAチャンピオン最有力候補のネッツに勝利し、悲願のタイトル獲得への道が見えてきたバックス。

勢いに乗るバックスは、ジャイアントキリングを続けているアトランタ・ホークスにも全力でぶつかり、NBAチャンピオンに向けて突き進むことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA