【スポンサーリンク】

カイル・ラウリーが去就について「最も重要なのは家族」

カイル・ラウリーが去就について「最も重要なのは家族」

トロント・ラプターズのベテランポイントガード、カイル・ラウリーは、この夏に完全FAになる。

かつてのNBA王者ラプターズは若返りしようとしているところであるため、ベテランのラウリーへの対処に注目が集まるところだ。

そんな中、ラウリーが去就を決めるうえでポイントとなることを挙げた模様。

hoopsrumors.comによると、ラウリーは去就を決めるうえで重要なこととして「家族」、「サラリー」、「契約年数」、「NBAタイトルを狙える」ことを挙げたという。

決断するうえで大きな要素になるのは、僕の家族だ。

サラリー、契約年数、その他もろもろも要素になる。

チャンピオンを狙えることもね。

現実的になろう。

僕はこのゲームが大好きだ。

だが、僕の家族はこの先何世代にわたって世話されるようにしたいんだ。

もちろんトロントは僕にとって常にホームさ。

ここにいたいと思っている。

そうなればそうなるし、そうならなければそうならない。

それから僕と僕自身にとってベストとなることを選択するよ。

なお、ラウリーはラプターズの球団社長を務めるマサイ・ウジリを深く信頼しており、ウジリの去就がラウリーの去就に大きな影響を及ぼすと噂されている。

だが、契約満了となるウジリは「95%の確率でラプターズに残留する」と報じられているため、その点については問題ないだろう。

若手ガードを豊富に抱えるラプターズは、果たしてどのような決断を下すのだろうか?

なお、ラウリーにはマイアミ・ヒートやフィラデルフィア・セブンティシクサーズなど複数のNBAチームがオファーを出すと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA