【スポンサーリンク】

ナゲッツがジャマール・マリーのトレードを拒否?

ヒューストン・ロケッツはジェイムス・ハーデンのトレードに関し、デンバー・ナゲッツと交渉していると報じられている。

だが、相手がハーデンとはいえ、ナゲッツが最も重要なポイントガードを手放す可能性はないと言ってよさそうだ。

The Denver Postによると、ナゲッツがハーデンとのトレードでジャマール・マリーを放出することはないという。

マリーは昨季のNBAプレイオフで圧倒的なパフォーマンスを見せ、ニコラ・ヨキッチと共にナゲッツを牽引。

ナゲッツがこれからもマリーとヨキッチを中心として戦うのは間違いない。

マリーを放出しないのであれば、マイケル・ポーターJrがトレード候補に挙がるだろう。

NBAデビューとなった昨季、ポーターJrはベンチ起用ながら高いポテンシャルを見せつけた。

ディフェンスに課題は残るものの、サイズもあるポーターJrはロケッツにおいて重要なプレイヤーとなる可能性を秘めている。

ただし、ロケッツはオールスタークラスの即戦力、および若手有望株もしくはNBAドラフト指名権を求めているとされている。

なお、ロケッツはナゲッツの他、ボストン・セルティックス、トロント・ラプターズともトレード交渉していると報じられている。

以下、マリーとハーデンの昨季のスタッツだ。

J・マリーJ・ハーデン
出場試合数5968
平均出場時間32.336.5
平均得点18.534.3
平均リバウンド4.06.6
平均アシスト4.87.5
平均スティール1.11.8
平均ターンオーバー2.24.5
FG成功率45.6%44.4%
3P成功率34.6%35.5%
フリースロー成功率88.1%86.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA