【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「ウォリアーズとの絆が壊れることはない」

昨年夏にブルックリン・ネッツに電撃移籍したケビン・デュラントが、現地22日に行われるNBA2020-21シーズン開幕戦で古巣ゴールデンステイト・ウォリアーズと初めて対戦する。

デュラントはドレイモンド・グリーンとの不和やウォリアーズ内での孤立などが噂されたが、ウォリアーズの選手たちとは良好な関係を築けているようだ。

デュラントはウォリアーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

間違いなく連絡を取り合っているよ。

この夏はドレイモンドに会った。

レストランで偶然会ったんだ。

彼と彼の家族に会えて良かったよ。

ステフ(・カリー)とは何度か話をした。

遠くからでも皆がうまくやっているのを見るのは良いものだ。

どのジャージーを着ていても、どの国にいたとしても、僕たちが築いた絆が壊れることは決してないだろう。

ショーン(・リビングストン)にアンドレ(・イグダーラ)、ジャベール(・マギー)、ステフ、クレイ(トンプソン)、ジョーダン・ベル、オムリ(・カスピ)、ニック・ヤング。

ベイエリアで過ごした時間にすごく感謝している。

僕の心の中はいつだってウォリアーさ。

デュラントはオクラホマシティ・サンダーを離れた時、ラッセル・ウェストブルックとの関係が悪化した。

その後は対戦するたびにやり合い、ふたりの関係は今も修復していないと見られている。

そのような過去があったからこそ、ウォリアーズの仲間たちとは良好な関係を保ち続けるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA