【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「スクリーンをアシストとして見ている」

ドレイモンド・グリーン「スクリーンをアシストとして見ている」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、多くのNBAスター選手のように派手なスタッツを記録するような選手ではない。

だが、コート上では常に身を粉にして働き、ウォリアーズに大きな影響を及ぼしている。

グリーンによると、チームメイトにスクリーンをセットし、シュートを決めさせた時、グリーンはスクリーンをアシストとして見ているという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はスクリーンをアシストのように見ている。

僕がスクリーンで相手を止め、ステフ(・カリー)が3Pを決める。

ステフが3Pを決めるよりも、僕は良い気分になるんだ。

クレイ・トンプソンがアキレス腱断裂で今季全休となってしまったため、カリーにはより多くのプレッシャーがかかっている。

そのような状況でもNBAキャリアベストに迫るパフォーマンスを維持できているのは、サポート役に徹しているグリーンの影響が大きいのだろう。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数27603
平均出場時間29.528.2
平均得点5.38.8
平均リバウンド5.86.8
平均アシスト8.3
(キャリアハイ)
5.1
平均スティール1.41.4
平均ブロックショット0.71.0
平均ターンオーバー2.62.1
FG成功率35.8%43.3%
3P成功率22.6%31.6%
フリースロー成功率67.6%70.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA