【スポンサーリンク】

レイカーズはトレードでコリン・セクストンとケビン・ラブ獲得を狙うべき?

レイカーズはトレードでコリン・セクストンとケビン・ラブ獲得を狙うべき?

NBA連覇を逃したロサンゼルス・レイカーズは、この夏にロスターの再編に動くと見られている。

特に注目されるのはポイントガードのポジションであり、これまでポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードやオクラホマシティ・サンダーのケンバ・ウォーカーなどが候補として浮上している。

そんな中、fadeawayworld.netがあるトレードを提案した。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはクリーブランド・キャバリアーズとのトレードでコリン・セクストンとケビン・ラブを獲得すれば、NBAチャンピオンを狙えるレベルに復活するという。

このトレードで提案されているのは、レイカーズがセクストンとラブを獲得し、キャブスにカイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、テイレン・ホートン・タッカー(サイン&トレード)、2027年のNBAドラフト1巡目指名権を放出するというものだ。

キャブスはラブをトレードもしくはバイアウトで放出する見込みであり、もしレイカーズから上記トレードがオファーされたら喜んで受け入れるだろう。

一方、レイカーズにメリットがあるかと言えば、疑問が残るところだ。

セクストンについてはボールを持つタイプのポイントガードであり、レイカーズに移籍した場合、ボールポゼッションの回数が減るのは間違いない。

デニス・シュルーダーのように自身の役割に不満を持つ可能性がある。

また、ラブについてはアウトサイドシュートがある貴重なビッグマンではあるものの、怪我のリスクとNBAキャリアが右肩下がりにあるのが気になるところだ。

このトレードが実現する可能性はゼロではないが、レイカーズがこれをファーストオプションにすることはないだろう。

なお、セクストンとラブの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

C・セクストンK・ラブ
出場試合数6025
平均出場時間35.324.9
平均得点24.3
(キャリアハイ)
12.2
平均リバウンド3.1
(キャリアハイタイ)
7.4
(キャリアワースト)
平均アシスト4.4
(キャリアハイ)
2.5
平均スティール1.0
(キャリアハイタイ)
0.6
平均ターンオーバー2.81.5
FG成功率47.5%
(キャリアハイ)
40.9%
3P成功率37.1%
(キャリアワースト)
36.5%
フリースロー成功率81.5%
(キャリアワースト)
82.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA