【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「僕をトレードすべきという意見を不快には思わない」

CJ・マッコラム「僕をトレードすべきという意見を不快には思わない」

NBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したポートランド・トレイルブレイザーズは、このオフシーズン中にロスターを再編すると見られてる。

その一環として噂されているのが、CJ・マッコラムのトレードだ。

トレードの噂が出ると不快に思うNBA選手もいる中、マッコラムは先日、「それも人生の一部」とし、すべてを受け入れる姿勢を表明。

その後、改めてトレードの噂に言及した。

マッコラムによると、「彼をトレードすべき」などと指摘されても不快には思わないという。マッコラムのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

僕をトレードしろと指摘する人々に対し、僕が不快に感じることはないよ。

なぜなら、僕は自分の人生においてこのスポーツをプレイするために契約したからね。

僕はそれに感謝している。

子供の頃からこのポジションにいられることを願っていた。

人生を捧げてきた。

このために僕の時間と魂を捧げてきた。

だから、僕をトレードすべきという意見を不快に思うことはないよ。

僕たちは敗れてしまった。

厳しいシーズンだった。

だから、変化が必要だと感じている人がいるかもしれないね。

だが、僕をトレードせずにロスターに変化をもたらす方法はたくさんあるんだ。

ブレイザーズではリラードにもトレードの噂が出ているが、リラードがトレードを要求しない限り、ブレイザーズはリラードよりマッコラムを優先してトレードで放出すると噂されている。

クリーブランド・キャバリアーズやニューヨーク・ニックスなど複数のNBAチームがマッコラムに関心を持っているというが、マッコラムはどのチームに行ったとしてもバスケットボールというスポーツに全力を尽くすことだろう。

なお、マッコラムの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数47528
平均出場時間34.031.2
平均得点23.1
(キャリアハイ)
18.9
平均リバウンド3.93.4
平均アシスト4.7
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー1.41.7
FG成功率45.8%45.5%
3P成功率40.2%39.8%
フリースロー成功率81.2%82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA