【スポンサーリンク】

ラリー・ナンスJr「コービー・ブライアントは僕に優しくしてくれた」

ラリー・ナンスJr「コービー・ブライアントは僕に優しくしてくれた」

NBAレジェンドのコービー・ブライアントが他界してから1年が経った。

多くの現役NBA選手や元NBA選手たちがブライアントとの思い出を振り返り、ブライアントの偉業を称えている中、クリーブランド・キャバリアーズのラリー・ナンスJrもブライアントとの思い出を語った模様。

ナンスJrは2015年のNBAドラフト27位でロサンゼルス・レイカーズに入団し、ルーキーシーズンをブライアントと共に過ごした。

ナンスJrによると、ブライアントは周囲の評判とは異なり、優しいチームメイトだったという。ナンスJrのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

恐ろしく、エキサイティングで、神経をすり減らした。

あの頃を振り返って最高だったと言いたいけれど、あの時の感情を僕は覚えているし、ただ畏怖の念を抱いていたんだ。

なぜならコービーだからね。

コービーは歩くレジェンドだった。

誰もが彼の名前を叫ぶ。

バスケットボールを知らない人でさえ知っている。

それに練習の時の彼はチームメイトに厳しいと評判だったから、僕はどうしたらいいのか分からなかったんだ。

ナンスJrはNBA入りする前、ブライアントが過去にデンバーで起こした暴行の疑いについて、SNS上で「コービーがまたデンバーで手を出すことを願っている」と投稿した。

その後ブライアント擁するレイカーズに指名されたため、当時は恐怖心を持っていたという。

あの時の僕は何歳だったかな?

あのツイートをした時、僕は16歳だったと思う。

本当に馬鹿げていた。

皆分かっていると思うけれど、馬鹿げていた。

若い時は馬鹿げたことをしてしまうし、僕は馬鹿なツイートをしてしまったんだ。

レイカーズに入団すると、彼は僕に優しくしてくれた。

僕は絶対に忘れない。

なぜなら、彼には僕に優しくする必要がない理由があったからね。

あのツイートをしてしまったから、コービーに会うのが怖かった。

僕はドラフトの後に彼にメールしたんだ。

その時の彼は休暇中だったと思うけれど、僕はメールで謝罪した。

彼はすぐに返信してくれた。

「ヘイ、もう過ぎたことだ。気にするな。レイカーズにようこそ」とね。

すごく安心したけれど、それでも彼には僕の人生を狂わせることができた。

でも、彼はそうしなかったんだ。

彼には僕のキャリアを狂わせる機会があった。

彼はその機会を若いバスケットボールプレイヤーに学ばせる機会にした。

永遠に感謝する。

僕はここにいなかったかもしれない。

クリーブランドでプレイすることもなかったかもしれない。

ファイナルでプレイする機会もなかったかもしれない。

彼は僕のキャリアを終わらせることができた。

だから、そうしなかった彼に永遠に感謝する。

彼は僕のキャリアを終わらせることができたのに、そうしなかった。

だから、僕の中の彼は良い人さ。

世界的に知られるブライアントを揶揄し、そのツイートがNBAドラフト当日に拡散されたのだから、当時のナンスJrは「僕の人生は終わってしまうかもしれない」とひどく恐怖していたことだろう。

ナンスJrにはマンバメンタリティを受け継ぎ、これからNBAにやって来る若手たちに語り継いでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA