【スポンサーリンク】

ブルズがザック・ラビーンのトレードを計画?

再建中のシカゴ・ブルズは、このオフシーズン中に目立った補強に動いていない。

計画が失敗したのか、ここ数年のNBAドラフトで獲得した若手たちを中心に再建するのか、来年のFA市場まで待つのか分からないが、ザック・ラビーンをトレードで放出するタイミングを図っているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、新たに編成されたブルズのフロントオフィスはラビーンが他のプレイヤーを呼べるスターではないと判断し、希望のプレイヤーもしくはNBAドラフト指名権とのトレードが実現できるタイミングを待っているという。

ラビーンがFAになるのは2022年。

契約が残り1年となる来年夏ならトレードが実現する可能性があるため、NBA2020-21シーズンはラビーンをロスターに残し、来年夏もしくはシーズン中の期限までにトレードで放出することになるかもしれない。

なお、今年のNBAドラフト前にはワシントン・ウィザーズやゴールデンステイト・ウォリアーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズなど複数のNBAチームがラビーンのトレード獲得を狙っていると噂されていた。

ラビーンの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

2019-20NBAキャリア
出場試合数60353
平均出場時間34.830.8
平均得点25.5
(キャリアハイ)
17.7
平均リバウンド4.8
(キャリアハイ)
3.6
平均アシスト4.23.6
平均スティール1.5
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー3.42.5
FG成功率45.0%44.7%
3P成功率38.0%37.5%
フリースロー成功率80.2%81.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA