【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHC「カワイ・レナードはクォーターを通してプレイできない」

タイロン・ルーHC「カワイ・レナードはクォーターを通してプレイできない」

現地9日に行われたニューヨーク・ニックス戦で、ロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナードはここ1カ月で最長となる約36分間プレイした。

レナードは足に問題を抱えており、出場時間に制限がかかっている。

クリッパーズにとって今季のプレイオフはフランチャイズ初となるNBAタイトルをかけた重要な戦いになるため、レナードのコンディションに敏感になっているというが、指揮官のタイロン・ルーHCによると、レナードはまだクォーターを通してプレイすることができないという。

先日のロサンゼルス・レイカーズ戦を終えた後、レナードとポール・ジョージが同時にベンチに下がっていることについて質問されたルーHCは、以下のように返答。ESPNが伝えている。

現時点で、カワイはクォーターを通してプレイすることができない。

12分間ずっとプレイすることができない。

彼がいないと、我々のローテーションは少し乱れてしまう。

だから、テレンス・マンやルーク・ケナードをそのポジションでプレイさせている。

だが、レナードがクォーターを通してプレイできるようになれば、レナードを第1Qと第3Qの最後にプレイさせ、PGをセカンドユニットと共にクォーターの最初にプレイさせるよ。

一方、レナードは足の状態に問題はなく、クォーターを通してプレイできると主張しているという。

とはいえ、クリッパーズはすでにNBAプレイオフ進出を決めているため、今レナードに無理をさせる必要はないだろう。

レナードには溜まった鬱憤をNBAプレイオフで晴らし、クリッパーズを悲願のNBAチャンピオンに導いてもらいたい。

なお、レナードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数50574
平均出場時間34.231.3
平均得点25.119.2
平均リバウンド6.56.4
平均アシスト5.1
(キャリアハイ)
2.9
平均スティール1.61.8
平均ターンオーバー2.01.6
FG成功率51.1%49.3%
3P成功率39.8%38.4%
フリースロー成功率88.3%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA