【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCが退場処分のドワイト・ハワードに「非常にセルフィッシュ」

ドック・リバースHCが退場処分のドワイト・ハワードに「非常にセルフィッシュ」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドワイト・ハワードは現地25日、昨季所属したロサンゼルス・レイカーズと対戦した。

ハワードにとって凱旋試合であり、試合前にはNBAチャンピオンリング贈呈式で喜びを爆発させたが、コート上ではモントレズ・ハレルに対してラフプレイを連発し、前半で退場。

ジョエル・エンビードが離脱中のシクサーズは、ビッグマン不在の状況で後半を戦わなければなかった。

シクサーズを指揮するドック・リバースHCによると、ハワードは規律を守らず、利己的なプレイをしてしまったという。リバースHCのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

あれは非常にセルフィッシュなプレイだったと思う。

テクニカルファウルを1度コールされたのだから、2度目は避けなければならない。

我々はもっと規律を守らなければならない。

感情的になったのは分かる。

だが、我々のチームにはセンターがひとりしかいなかったにも関わらず、彼は退場させられた。

まったく喜ばしいことではなかった。

感情的なゲームだったのは分かる。

だが、彼はベテランだ。

我々は規律を守らなければならない。

ハワードは以前、レイカーズからヒューストン・ロケッツに移籍した後のステイプルズセンター凱旋試合で、当時不仲が噂されたコービー・ブライアントと激しい口論を繰り広げた。

そして、今回の凱旋試合ではハレルと激しいバトルを繰り広げたわけだが、ハワードとステイプルズセンターの間には何かがあるのかもしれない。

一方、自チームの選手を甘やかさず、しっかりと釘を差したリバースHCには称賛を送りたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ハワード自身に規律を求めるのは間違いだと今までのハワードを見てると思っていて
    ハワードが規律を守りやすい様に周りが導いてあげないと。

*

CAPTCHA