【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが背番号11番を選んだ驚きの理由とは?

カイリー・アービングが背番号11番を選んだ驚きの理由とは?

カイリー・アービングはクリーブランド・キャバリアーズの一員として背番号2番のユニフォームを着てNBAデビューした。

アービングにとって背番号2番はフランチャイズに初めてNBAタイトルをもたらした思い出深い数字と言えるだろう。

だが、アービングはトレードでボストン・セルティックスに移籍すると、以降は背番号11番のユニフォームを着てプレイしている。

アービングが背番号11番を選んだのは、さまざまな偶然が重なったからなのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、先日ブルックリン・ネッツがシャーロット・ホーネッツと対戦した時、ホーネッツのサイドラインレポーターが、アービングが背番号11番を選んだ驚きの理由を明かしたという。

彼(アービング)は1時11分に生まれた。

彼の父はボストン大学でプレイしていた時に背番号11番をつけていた。

カイリー・アービング(Kyrie Irving)の文字数はちょうど11だ。

Kの文字はアルファベットの11番目だ。

彼はデューク大学で怪我により11試合の出場にとどまり、2011年のドラフト1位で指名された。

彼が通算11000得点を記録したのは3月11日だ。

これだけ11と奇妙な縁があるなら、11番を選ばない理由販売だろう。

おもしろいことに、アービング擁するブルックリン・ネッツは現在11連勝中だ。

アービングはこれからも11にまつわるさまざまな記録を成し遂げるに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す