【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「勝利すればすべてがついてくる」

ブラッドリー・ビール「勝利すればすべてがついてくる」

ワシントン・ウィザーズは現地19日、インディアナ・ペイサーズとのNBA2022-23シーズン開幕戦を制し、白星スタートを切った。

エースのブラッドリー・ビールは23得点を記録したものの、過去3シーズンのうち2シーズンで平均30得点以上を記録したことを踏まえると、物足りなさを感じたファンも少なくないかもしれない。

だが、ビールによると、最も重要なのは個人のスタッツではなく、チームが勝利することだという。ビールのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕はオールスターであり、オールNBA選手だ。

2年連続で平均30得点以上を記録した。

僕が本当に追っているのは個人目標なのか?

それはそれで素晴らしい。

すべては勝利から始まる。

1試合30得点を記録してオールスターに選ばれても意味がない。

なぜなら、チームが勝っていないからね。

試合に勝てば、小さな称賛は自ずとついてくる。

僕はただ勝ちたい。

チームをプレイオフに導きたい。

シリーズで勝利に導きたい。

次のシリーズでも勝利に導きたい。

カンファレンスファイナルでも勝利に導きたい。

ファイナルに導き、勝ちたいんだ。

ウィザーズが今季NBAタイトルを獲得するのは難しいだろう。

だが、若手たちが成長し、ケミストリーが構築されれば、いずれはNBAタイトルコンテンダーになる可能性がある。

ウィザーズにコミットし続けているビールはNBAチャンピオンという最大の目標に向け、全力を尽くすに違いない。

なお、延長契約を結ぶことができず、来年夏に制限付きFAになる八村塁を、ビールは若手の中で特に高く評価し、こう語った。

ルイはプレシーズンを通して素晴らしかった。

夏を通して素晴らしかった。

彼が取り組んできたことの成果がかなり出始めていると思うよ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA