【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズがナゲッツに敗れたことを受け「特にイライラした」

アンソニー・エドワーズがナゲッツに敗れたことを受け「特にイライラした」

ミネソタ・ティンバーウルブズは現地18日にNBAオールスタービッグマンのニコラ・ヨキッチ擁するデンバー・ナゲッツに敗れ、今季の成績を22勝24敗とした。

ビッグマンのカール・アンソニー・タウンズとルディ・ゴベアを怪我で欠くウルブズは、ウェスタン・カンファレンス首位のナゲッツ相手に善戦。

惜しくも4点差で敗れてしまったが、この日16得点にとどまったアンソニー・エドワーズによると、ナゲッツ戦の敗戦に特にイライラしたという。

エドワーズはナゲッツ戦を終えた後、「敗戦に動揺している?」と質問されると、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

とんでもなくイライラしている。

なぜこの敗戦に特にイライラしているかって?

僕は怒り狂っている。

僕たちが負けたことにものすごくイライラしている。

なぜなら、僕はひどいプレイをしてしまったからね。

僕は間違いなくチームを助けることができたはずだ。

エドワーズは特に後半で積極性を欠いた。

後半はフリースローラインに一度も立つことなく、FG9本中2本のわずか4得点にとどまったのだ。

また、4本放った3ポイントもすべて外してしまった。

タウンズとゴベア不在の間はエドワーズの奮起が不可欠となるわけだが、エドワーズもそれを自覚しているだろう。

果たしてエドワーズは次のトロント・ラプターズ戦で復活することができるだろうか?

なお、ナゲッツ戦のエドワーズのスタッツは以下の通りとなっている。

ナゲッツ戦
出場時間37:11
得点16
リバウンド9
アシスト3
スティール1
ブロックショット1
ターンオーバー3
FG成功率41.2%
(7/17)
3P成功率0%
(0/4)
フリースロー成功率66.7%
(2/3)
+/--12

【スポンサーリンク】

コメントを残す