【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーが闇に落ちた瞬間とは?「2年以上にも及んだ」

ステフィン・カリーが闇に落ちた瞬間とは?「2年以上にも及んだ」

2009年のNBAドラフト7位でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したステフィン・カリーは、NBAを代表するスーパースターのひとりに成長した。

NBAチャンピオンやファイナルMVP、レギュラーシーズンMVP、NBA史上最多3ポイント成功本数記録を樹立するなど、偉大なキャリアを送っているカリー。

だが、NBAキャリア2年目から足首の問題に悩まされるようになり、3年目はわずか26試合の出場にとどまった。

カリーによると、当時はNBA選手として復活できないと考えるほど闇に落ちていたという。

カリーは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

怪我をすると、コートから常に離れなければならない。

すると、自分が注ぎ込んできたすべてを疑い始めてしまう。

「僕はコートに2本足で立てるほどの健康を取り戻せるのか?なりたい選手になるためのチャンスを得ることができるのか?」という感じさ。

その期間が2年以上にも及んだんだ。

オフでもオンでも闇に落ちた日がたくさんあった。

我慢しなければならないことがたくさんあったが、家族が支えてくれた。

家族や信頼している人々がポジティブな言葉をかけてくれ、自信を取り戻していった。

大きな装具をつけていないフォレスト・ガンプのような気分さ。

あれは奇妙な時間だった。

健康と自信を取り戻したカリーは復帰した2012-13シーズンにNBAキャリアベストなる平均22.9得点を記録。

その後も着実に成長し、ウォリアーズを4度のNBAタイトル獲得に導いた。

カリーがクラッチタイムに驚異的なパフォーマンスを発揮できるのは、闇の時間を乗り越えた自信があるからなのかもしれない。

カリーはこれからも強い自信と信念を持ち、ウォリアーズを勝利に導くことだろう。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数30856
平均出場時間34.034.3
平均得点29.324.5
平均リバウンド6.4
(キャリアハイ)
4.7
平均アシスト6.36.5
平均スティール0.9
(キャリアワースト)
1.6
平均ターンオーバー3.13.1
FG成功率49.3%47.4%
3P成功率42.1%42.7%
フリースロー成功率90.9%90.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す