【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチ「ラプターズに謝罪した」

ゴーラン・ドラギッチ「ラプターズに謝罪した」

ベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチは、オフシーズン中のトレードでマイアミ・ヒートからトロント・ラプターズに移籍した。

トレードが成立した当初、ドラギッチは「ここにはいたくない」などと発言し、他のNBAチームへの移籍を望んだという。

ドラギッチはそのニュースが出た直後にラプターズに謝罪したというが、ラプターズに対する罪悪感は今も拭いきれていないのかもしれない。

ドラギッチは当時の発言について次のように説明。hoopsrumors.comが伝えている。

間違った表現で世に出てしまった。

僕は謝罪したし、今も謝罪したいと思っている。

僕の意図するところではなかった。

だが、君たちも知っての通り、(ラプターズの)組織と選手たちは僕を歓迎してくれた。

彼らは僕を快適に過ごせるようにしてくれているし、ここ2週間は僕もここで快適に過ごしているんだ。

ドラギッチがトレードされた当初、さらなるトレードもしくはバイアウトの可能性が報じられた。

だが、ラプターズはトレードもバイアウトも考えておらず、ドラギッチを貴重な選手兼メンターとして見ているという。

とはいえ、ドラギッチは来年夏に完全FAになるだけに、もしラプターズが機能不全に陥ったら再びトレードの噂が浮上することになりそうだ。

なお、ドラギッチの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数50867
平均出場時間26.728.0
平均得点13.413.9
平均リバウンド3.43.1
平均アシスト4.44.8
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー2.42.3
FG成功率43.2%46.2%
3P成功率37.3%36.4%
フリースロー成功率82.8%
(キャリアハイ)
76.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA