【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがトレード噂渦中のシクサーズを批判

ケンドリック・パーキンスがトレード噂渦中のシクサーズを批判

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ベン・シモンズがトレードを要求したことにより、トレード市場が急に騒がしくなった。

シモンズが自らトレードを要求したことにより、多くのシクサーズファンはシモンズに怒りの矛先を向けるだろうが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスによると、シモンズに責任を求めるべきではないという。

パーキンスはシモンズとシクサーズについて次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

ベン・シモンズとシクサーズの関係は修復不可能だ。

この夏、彼らは(ジョエル・)エンビードに財産を与えた。

トレードの噂を通し、チームからの中途半端なコミットメントを通し、ベンはプロになったんじゃないかな。

ベン・シモンズのプロセスのチャプターは終わりだ。

進もう。

NBAプレイオフでシモンズが精彩を欠いた後、指揮官のドック・リバースHCはシモンズについて、「NBAチャンピオンレベルのポイントガードなのか確信が持てない」とし、シモンズをサポートしなかった。

エンビードもシモンズを暗に批判するかのようなコメントを残し、シモンズに寄り添わなかった。

シモンズはこのオフシーズン中にシクサーズの組織の人間とチームメイトたちからの連絡に一切応じなかったというが、サポートを得られなかったことにひどく落胆していたのかもしれない。

いずれにせよ、シモンズにとってはNBAキャリアをリスタートする大きなチャンスとなるのは間違いないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA