【スポンサーリンク】

シャノン・シャープがグリズリーズの選手たちと一触即発になった理由とは?「ディロン・ブルックスとのやり合いから始まった」

シャノン・シャープがグリズリーズの選手たちと一触即発になった理由とは?「ディロン・ブルックスとのやり合いから始まった」

現地20日に行われたメンフィス・グリズリーズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦で、ハーフタイムに入った時にグリズリーズの選手たちとNBAアナリストのシャノン・シャープが激しい口論を繰り広げた。

口論にはグリズリーズの選手たちだけでなく、ジャ・モラントの父も参戦。

あまりにヒートアップしたためか、セキュリティが割って入る事態となったが、この件についてシャープがハーフタイム中に説明した模様。

元NFL選手のシャープによると、事の発端はディロン・ブルックスとのトラッシュトークだったという。シャープのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ディロン・ブルックスとのやり合いから始まった。

僕は彼に「レブロンをガードするには君は小さすぎる」と言った。

すると、彼は「フ○ック」と言ってきたから、僕も「フ○ック」と言い返した。

彼が僕に向かって来たから、僕は「君はこんな問題を起こしたくないはずだ」と言った。

それからどこからともなくジャが加わったのだが、彼は明らかに問題にしたくない様子だった。

だが、彼らがやる気なら何でもやるつもりだったんだ。

このバカ共にバカにさせてはならない。

幸いにも身体的な接触はなく、シャープとモラントの父はその後誤解を解き、ハグで和解した。

和解した後も試合は続き、レイカーズが逆転勝利。

試合終了直前にデズモンド・ベインが逆転3ポイントを狙ったものの、シャープはベインがラインを踏んだのを見逃していなかった。

シャープはこの日の勝利に誰よりも喜びを感じたに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す