【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードが腹部の怪我について「これほどひどいとは思っていなかった」

デイミアン・リラードが腹部の怪我について「これほどひどいとは思っていなかった」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAスター、デイミアン・リラードは、昨季の大半を腹部の怪我により欠場した。

リラードは耐久性がある選手であり、怪我による長期離脱が少ないことで知られていたが、リラードによると、ここ数年間はトレーニングや試合の後に骨盤あたりが膨張していたという。

リラードは腹部の怪我を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

これほどひどいとは思っていなかった。

なぜなら、4年半対処していたからね。

試合後は野球のボールくらい腫れていたんだ。

(手術後は)自分自身を一から構築することができている。

これまでで最も強いと感じているよ。

ブレイザーズは昨季を来季への準備期間とし、ロスターの再編に着手した。

それでもNBAを代表するスーパースターと呼べるのはリラードただひとりであるため、リラードにはますます負担がかかることになるだろう。

ようやく健康を取り戻したリラードは最高のパフォーマンスを見せてくれるだろうが、大きな怪我がないことを祈るばかりだ。

なお、リラードの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数29711
平均出場時間36.436.3
平均得点24.024.6
平均リバウンド4.14.2
平均アシスト7.36.6
平均スティール0.6
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー2.92.8
FG成功率40.2%
(キャリアワースト)
43.7%
3P成功率32.4%
(キャリアワースト)
37.3%
フリースロー成功率87.8%89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA