【スポンサーリンク】

マイルズ・ブリッジズと言葉を交わしたレブロン・ジェイムスが批判を浴びる

マイルズ・ブリッジズと言葉を交わしたレブロン・ジェイムスが批判を浴びる

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、先日行われたシャーロット・ホーネッツ戦を終えた後、現在3年間の保護観察中であるマイルズ・ブリッジズと言葉を交わした。

ブリッジズはこの夏、ガールフレンドに暴力を見舞った傷害罪1件と児童虐待2件で訴えられ、裁判の結果、傷害罪1件が認められた一方で、2件の児童虐待容疑については却下された。

ブリッジズは今後3年間は保護観察下に置かれ、その間に52週間のDVカウンセリングを受講、52週間の子育てに関する授業を受講、100時間の社会奉仕活動が義務付けられたわけだが、ブリッジズに対する風当たりは相当強いのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ブルッジズと楽しそうに会話したジェイムスに対し、SNS上では批判の声があがっているという。

「君は最低の男だ。キングジェイムス」

「レブロンが試合後にマイルズ・ブリッジスのもとに歩いていき、話をした。すごく奇妙で失望した」

「レブロンはなぜ女性を虐待した男に寄り添い続けるのか?サバンナ(ジェイムスの妻)は大丈夫なのか?」

「なぜマイルズ・ブリッジズはアリーナ入りを許されたんだ?レブロンはトリー(銃撃事件を起こしたトリー・レーンズ)の音楽を宣伝し、今度はこれか?ひどいバイブスだ」

「レブロンはトリーとマイルズ・ブリッジズの味方だ」

「レブロンはトリー・レーンズのニューアルバムのことをツイートしていたが、これについて何か言いたいことがあるのだろう。間違いない」

「レブロンはホーネッツに敗れた後、有罪判決を受けたDV男のマイルズ・ブリッジズと笑い合った。良いヤツだな」

ブリッジズは判決を受け入れ、今は更生しようと努力しているところだ。

ジェイムスはクラッチスポーツファミリーのひとりであるブリッジズをただサポートしたいと思っているだけなのかもしれない。

とはいえ、ブリッジズはホーネッツと契約交渉しているというが、もし契約が成立したとしても、コートではファンから厳しい目を向けられることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    選手同士なんだから問題ないと思うけど、レブロンはアンチが多いから騒がれるよね

  2. By 匿名

    NBAに戻っていいってリーグ側が判断したんだから、レブロンはコートに立つ選手としてリスペクトする必要はあるだろ。逆にレブロンほどの影響力ある選手が個人の考えで何かするならろくなことがない
    それに対して都合が悪いやつが今回叩いてるだけだから気にする必要なんてないわ
    SNSで自分の考えをなんでも押し付けられると思ったら大間違い

  3. By 匿名

    差別って何の?犯罪者に対する差別か?
    こうやって話すことでさえイメージ良くないし炎上するって八方美人のレブロンは絶対分かってたはずだけどな

  4. By 匿名

    アメリカの差別強すぎやろ
    気持ちは分かるけど、人と話しただけでそんな言う?

コメントを残す