【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「6週間後にトレード期限が来ることは皆分かっている」

カイル・クーズマ「6週間後にトレード期限が来ることは皆分かっている」

つい先日まで10連敗を喫していたワシントン・ウィザーズは、ここ3試合で2勝をあげている。

だが、現在13勝21敗、イースタン・カンファレンス12位にとどまっており、NBAプレイオフ復帰を疑問視するNBAファンは少なくない。

トレードの噂が浮上しているカイル・クーズマによると、これまでは主力選手たちの離脱が影響し、彼らが復帰し始めた今、トレードの噂に振り回されないためにも勝ち続けなければならないという。

クーズマはウィザーズについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

チームが健康な状態でプレイし続けることができていないなら、(ロスター再編を)決定するのは難しい。

僕たちは基盤を構築しなければならない。

僕たちにはたくさんの怪我がある。

だが、何かを書き換えるチャンスがある。

トレード期限は6週間後だ。

このロッカーにいる全員がそれを分かっている。

ディフェンスに問題を抱えるウィザーズは先日、八村塁を中心としたトレードパッケージを組み、NBA屈指の3&Dであるジェイ・クラウダーの獲得を求めてフェニックス・サンズにオファーを出したと報じられた。

サンズはこれを拒否したというが、ウィザーズが結果を残さない限り、選手たちにはトレードの噂がつきまとうだろう。

果たしてウィザーズは基盤を構築し、ケミストリーを高めていくことができるだろうか?

なお、ウィザーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
12/27フィラデルフィア・セブンティシクサーズホーム
12/28フェニックス・サンズホーム
12/30オーランド・マジックアウェイ
1/1ミルウォーキー・バックスアウェイ
1/3ミルウォーキー・バックスアウェイ
1/6オクラホマシティ・サンダーアウェイ
1/9ニューオーリンズ・ペリカンズホーム
1/11シカゴ・ブルズホーム
1/13ニューヨーク・ニックスホーム
1/16ゴールデンステイト・ウォリアーズホーム

【スポンサーリンク】

コメントを残す