【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがデニス・シュルーダーとトーマス・ブライアントを称賛「彼らは才能ある選手」

ラッセル・ウェストブルックがデニス・シュルーダーとトーマス・ブライアントを称賛「彼らは才能ある選手」

ロサンゼルス・レイカーズはアンソニー・デイビスの離脱後、しばらく厳しい戦いを強いられていた。

だが、ここ8試合で6勝と、デイビス離脱の影響を感じさせない結果を残している。

その大きな要因となっているのが、先発ガードのデニス・シュルーダーと、デイビスに代わってスターターに抜擢されたトーマス・ブライアントだ。

オクラホマシティ・サンダー時代にシュルーダーと、ワシントン・ウィザーズ時代にブライアントと共にプレイしたラッセル・ウェストブルックも、彼らの活躍を喜んでいるようだ。

ウェストブルックはシュルーダーとブライアントに称賛の言葉を送ったという。fadeawayworld.netが伝えている。

(シュルーダーとブライアントの活躍が)すごく嬉しいよ。

彼らは才能ある選手だ。

このリーグで彼ら自身を証明してきた。

彼らのキャリアには浮き沈みがあったが、デニスとトーマス、仲間たちがすごくうまくやっているのを見ると、僕も嬉しいよ。

彼らがコンスタントに活躍しているのを見ると、僕も本当に楽しくなる。

僕たちのチームにとって素晴らしいことさ。

現地4日に行われたマイアミ・ヒート戦で、シュルーダーは32得点、4スティール、ブライアントは21得点、9リバウンドを記録。

この日はレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ロニー・ウォーカーが欠場したにもかかわらず、レイカーズを勝利に導いた。

彼らの活躍はレイカーズにとって確実にポジティブなことだろう。

願わくば、これからもレイカーズに勝利をもたらすパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

なお、ここ8試合のシュルーダーとブライアントのスタッツは以下の通りとなっている。

D・シュルーダーT・ブライアント
出場時間35.030.4
得点17.919.4
リバウンド2.512.0
アシスト3.40.6
スティール1.30.8
ブロック0.10.6
TO2.11.3
FG成功率47.2%69.1%
3P成功率46.2%33.3%
FT成功率89.1%82.1%
+/-+2.3-2.4

【スポンサーリンク】

コメントを残す