【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがトレードを要求しない理由は家族?

レブロン・ジェイムスがトレードを要求しない理由は家族?

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスは先日、アンソニー・デイビス離脱後にロスター補強に動かないロサンゼルス・レイカーズのフロントオフィスを批判するかのような発言をした。

ジェイムスの発言を受け、「レブロンがレイカーズに見切りをつけ、来年夏にトレードを要求するのでは?」といった噂が広がっているが、現時点ではレイカーズにとどまる可能性が高いと見られている。

ジェイムスがトレードを要求しないとされているのは、家族が理由なのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ジェイムスは家族の生活を最優先しており、NBAを目指している高校3年生のブロニー・ジェイムスと高校2年生のブライス・ジェイムスのもとを離れたくないと考えているため、トレードを要求しないという。

ジェイムスはクリーブランド・キャバリアーズからレイカーズに移籍する時、家族の生活を考えたうえで決断を下した。

また、ロサンゼルスはビジネス面でも都合が良いため、ジェイムス側からトレードを要求する可能性は低いと見て良いだろう。

ただし、レイカーズがジェイムスをトレードで放出する可能性はゼロではない。

すべては今季の結果次第となるだろうが、まずはレイカーズが現地2月9日のトレード期限までにロスターを調整するか否かに注目したいところだ。

なお、レイカーズで来年夏にFAになる、もしくはFAになる可能性がある選手は以下の通りとなっている。

選手キャリア備考
パトリック・ベバリー10完全FA
トロイ・ブラウンJr4完全FA
トーマス・ブライアント5完全FA
ウェニエン・ゲイブリル4完全FA
デイミアン・ジョーンズ6プレイヤーオプション
ケンドリック・ナン4完全FA
スコッティ・ピッペンJr0制限付きFA
オースティン・リーブス1制限付きFA
デニス・シュルーダー9完全FA
ホワン・トスカーノ・アンダーソン3完全FA
ロニー・ウォーカー4完全FA
ラッセル・ウェストブルック14完全FA

【スポンサーリンク】

コメントを残す