【スポンサーリンク】

ニックスがOG・アヌノビーのトレード獲得を求めてラプターズに接触か?

ニックスがOG・アヌノビーのトレード獲得を求めてラプターズに接触か?

トロント・ラプターズのOG・アヌノビーには、オフシーズン中にトレードの噂が浮上していた。

アヌノビーがラプターズでの役割に不満を持っているとされたためだ。

だが、ラプターズに残留したアヌノビーは今季をNBAキャリアベストのシーズンとするなど、個人としては成功を収めている。

一方、ラプターズは現在13勝18敗、イースタン・カンファレンス10位と、十分な成績を残すことができていない。

そのためラプターズは主力選手をトレードで放出し、チームによりフィットする即戦力獲得に動く可能性があるというが、ニューヨーク・ニックスはその日を待っているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ニックスはアヌノビー獲得を求め、ラプターズに接触したという。

ただし、スコアリングはもちろんディフェンスにも定評あるアヌノビーには、多くのNBAチームが関心を持っていると噂されている。

アヌノビーをトレードで放出する場合、ラプターズはドノバン・ミッチェルのトレードのように相当な見返りを要求する可能性が高い。

ユタ・ジャズはこのトレードでコリン・セクストン、ラウリ・マルカネン、オチャイ・アバジ、2025年、2027年、2029年のNBAドラフト1巡目指名権、2026年と2028年のスワップ権を獲得した。

つまり、もしラプターズが方針をタンクに切り替え、フランチャイズの運命を変えるともされるビクター・ウェンバニャマをNBAドラフトで獲得する方向に進む場合、NBAドラフト指名権がトレードの鍵となりそうだ。

なお、アヌノビーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数27328
平均出場時間36.827.6
平均得点18.7
(キャリアハイ)
11.1
平均リバウンド5.8
(キャリアハイ)
4.3
平均アシスト2.11.5
平均スティール2.4
(キャリアハイ)
1.2
平均ターンオーバー2.51.2
FG成功率47.4%47.0%
3P成功率33.6%36.8%
フリースロー成功率82.1%
(キャリアハイ)
73.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す