【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがNBAに「ブラッドルールを見直さなければならない」

ドック・リバースHCがNBAに「ブラッドルールを見直さなければならない」

NBAオールスターのジョエル・エンビードジェイムス・ハーデン擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズは現地5日にヒューストン・ロケッツに破れ、今季の成績を12勝12敗とした。

シクサーズはこれで2連敗。

ロケッツは若手中心に再建中のNBAチームであるため、指揮官のドック・リバースHCはこの結果に苛立っていたのかもしれない。

エンビードが第3Q終盤から第4Q序盤にかけて出血に対処するためにコートを離れたことを受け、リバースHCは次のように苦言を呈したという。fadeawayworld.netが伝えている。

彼(エンビード)の顔面に血が流れていた。

なぜあれほど長く離脱しなければならなかったのかは分からない。

僕は気が狂いそうだった。

彼は血だらけだったから、(ルール上)止血しなければならなかった。

ブラッドルールはおかしいと思う。

僕にそう言わせないでくれ。

80年代からあるのだから、我々はこのルールを見直さなければならない。

だが、そうしないんだ。

エンビードは出血により、第3Q残り2分45秒から第4Q残り8分38秒までコートを離れた。

シクサーズはエンビードがコートを離れた時、79-78と1点リード。

だが、エンビードの離脱中に逆転され、エンビードがコートに戻った時は90-96と引き離されていた。

しかし、NBAがブラッドルールを変更することはないだろう。

シクサーズが勝利のチームにならない限り、一時解雇が囁かれていたリバースHCの不満は解消されないに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    元記事のHeavy:を見ると
    治療は終わってるけどユニフォームの血がついてるからロッカールームで着替えないといけなかった事に怒ってるぽいかな

  2. By 匿名

    おかしいのはお前の主張だよ
    もう気が狂ってしまったんだな

コメントを残す