【スポンサーリンク】

ポール・ジョージがクリッパーズの4連敗に「ディフェンスしていない」

ポール・ジョージがクリッパーズの4連敗に「ディフェンスしていない」

この夏に元NBAオールスターポイントガードのジョン・ウォールを獲得し、NBAを代表するスーパースターのカワイ・レナードが復帰したロサンゼルス・クリッパーズは、今季のNBAチャンピオン最有力候補の1チームだ。

だが、今季を2連勝でスタートしたものの、その後4連敗と苦戦を強いられている。

NBA屈指のディフェンダーであるカワイ・レナードが3試合連続で欠場している影響があるのかもしれないが、ポール・ジョージによると、クリッパーズはチームとしてディフェンスしていないという。

ジョージはクリッパーズの現状について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちはやるべきことをやっていない。

対戦するチームは3ポイントを決めている。

フィールドゴールを決めている。

コート中から決めている。

僕たちと対戦するチームはシュートを決めている。

僕たちはやるべきディフェンスをしていないんだ。

僕から始まる。

(ニューオーリンズ・ペリカンズ戦の)僕はひどかった。

ここ数試合の僕はひどい。

僕は自分の仕事にコミットしなければならない。

このチームの成功にコミットしなければならない。

それは僕から始まる。

僕はもっと良い仕事をしなければならない。

だが、それ以上に僕たちはチームとしてもっとうまくやらなければならない。

コートでアイデンティティを持ってプレイすることが重要なんだ。

ジョージによると、クリッパーズはディフェンスに取り組むだけではく、闘争心を持ってプレイしなければならないという。

クリッパーズは現地31日にヒューストン・ロケッツと対戦する。

レナードはロケッツ戦も欠場することが決定しているため、クリッパーズはチームとしてよりステップアップしなければならないだろう。

だが、ジョージはリーダーの自覚を持ち、チームメイトたちを牽引するに違いない。

なお、ジョージの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数5742
平均出場時間33.433.6
平均得点19.020.4
平均リバウンド6.66.4
平均アシスト4.03.6
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー3.62.7
FG成功率38.8%43.5%
3P成功率25.7%38.1%
フリースロー成功率95.2%84.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    開幕前にソレを言い切れないんだから余程自信がなかったんだな

  2. By 匿名

    今年も安定の、いつもの省エネ金食い虫リーダーw
    ちな、カワイレナード開幕前のフィルムセッションで見たけど、サボりすぎたからか太って姿勢が悪くなって、体のバランスが劣化してオワコン臭がプンプンしてた。チーン

*

CAPTCHA