【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「僕はまだ終わっていない」

ラッセル・ウェストブルック「僕はまだ終わっていない」

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックにとって、NBA2022-23シーズンは今後のキャリアを左右する重要な時間となる。

昨季は精彩を欠いたパフォーマンスにより強烈な批判を浴び、このオフシーズン中はトレードの噂が絶えなかったウェストブルック。

だが、ウェストブルックによると、来季はチームファーストの精神で戦い、チームの勝利のためならどんなことでもやるという。

ウェストブルックは自身について次のようにコメント。lakersdaily.comが伝えている。

このチームの勝利のためなら、どんなことでもやる準備はできている。

僕はまだ終わっていない。

毎年コートで戦えることにすごく感謝しているし、恵まれていると思っている。

プレイする限り、マインドと身体の準備をする。

それが僕にできるすべてだ。

過ちを犯すこともあるだろう。

良いゲームができないこともあるだろう。

良いプレイができないこともあるだろう。

昨季はもっと良いプレイをできた時期があった。

それは僕の責任だ。

今季に入るにあたり、僕は例年以上に準備できていると感じている。

楽しみだ。

どんな困難も乗り越えるだろう。

ウェストブルックにはスターターから外れ、シックスマンとしてプレイすべきという声も少なくない。

だが、指揮官のダービン・ハムは少なくともシーズン序盤はウェストブルックを先発起用し、様子を見るだろう。

ウェストブルックがチームファーストのメンタリティを貫き、レイカーズに勝利をもたらしてくれることを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA