【スポンサーリンク】

ジョーダン・プール「延長契約交渉はエージェントに任せる」

ジョーダン・プール「延長契約交渉はエージェントに任せる」

NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ジョーダン・プールと延長契約を結ぶことができる。

延長契約の期限は現地10月17日。

サラリーキャップの問題を抱えているウォリアーズは、難しい契約交渉を強いられるだろう。

だが、プールによると、プール自身は延長契約ではなくシーズンに集中しているという。

プールは延長契約について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちは昨季、やらなければならないことをやり、チャンピオンを勝ち取った。

確かに(延長契約は)あるが、エージェントに任せるよ。

僕には解決できる信念と自信がある。

だが、僕はバスケットボールをプレイするためにここにいる。

チームに戻ってきたことを嬉しく思っているよ。

どのような形でシーズンに入るかが重要だ。

僕は僕自身のゲームをプレイし、僕自身を貫き、勝利のために全力を尽くすだけさ。

どんな状況であろうとね。

ウォリアーズのゼネラルマネジャーを務めるボブ・マイヤーズは先日、東京遠征を終えた後にプールのエージェントと面会し、延長契約交渉をスタートさせることを明かした。

もし期限までに延長契約が成立しなければ、プールは来年夏に制限付きFAになる。

ウォリアーズにはいかなるオファーにもマッチできる権利があるものの、ドレイモンド・グリーンとアンドリュー・ウィギンスとの契約交渉も控えているウォリアーズのサラリーキャップの問題はより深刻化するだろう。

なお、マイヤーズGMは先日、「3選手とも残留させたいが、すべては金次第」であると明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA