【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーが3ポイント0本に終わるもドレイモンド・グリーン「勝ちは勝ち」

ステフィン・カリーが3ポイント0本に終わるもドレイモンド・グリーン「勝ちは勝ち」

現地13日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスのNBAファイナル第5戦は、ホームのウォリアーズが勝利した。

これによりウォリアーズが悲願のNBAタイトル奪還に王手をかけたわけだが、ステフィン・カリーは第4戦で7本の3ポイントを含む43得点を記録したものの、第5戦は9本の3ポイントをすべて失敗。

だが、ドレイモンド・グリーンによると、カリーは第6戦で必ず立ち直るという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ステフが43得点、10リバウンド、4アシストを記録しようが、FG22本中16本を記録しようが、勝ちは勝ちだ。

彼は3ポイント9本中0本だった。

彼は第6戦に向けて情熱をもって取り組むだろう。

それこそ僕たちが必要としているものだ。

カリーの3ポイントは不調だったものの、アンドリュー・ウィギンスが26得点、13リバウンド、クレイ・トンプソンが5本の3ポイントを含む21得点で勝利に貢献。

ファイナルMVPにウィギンスを推す声も高まっているが、カリーは第6戦で再び覚醒したパフォーマンスを見せ、ウォリアーズを牽引することだろう。

なお、カリーのNBAファイナル5試合のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
出場時間38:1732:1137:0840:4137:08
得点3429314316
リバウンド564103
アシスト54248
スティール33201
ブロック00000
TO22351
FG成功率48.0%
(12/25)
42.9%
(9/21)
54.5%
(12/22)
53.8%
(14/26)
31.8%
(7/22)
3P成功率50.0%
(7/14)
41.7%
(5/12)
54.5%
(6/11)
50.0%
(7/14)
0%
(0/9)
FT成功率75.0%
(3/4)
85.7%
(6/7)
100%
(1/1)
88.9%
(8/9)
66.7%
(2/3)
+/--9+24-14+11+15

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA